愛知の隠居

535216
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

紹介 - 愛知の隠居

2017/08/19 (Sat) 10:09:26

”感動!夢舞台!!絆をつなげ 九州の地に”
 前略
 教師生活34年目を迎え、弥富北中に転勤3年目を迎えました。”がむしゃらに・直向きに・全力で”目の前の子供たちと過ごしてきた33年間でした。本当に皆様のお蔭で夢のステージ「沖縄の地」に子供たちと立つことができます。すべてに感謝です。何よりもこんなに素敵な子供たちに出会えたことに感謝です。私は幸せものです。「好きなことから学ぶことが多い。一つのことに一流になれ・・・・」日頃、色々なことを子供たちから教えてきてもらったことを、次に出会うこどもたちに伝えていく。今の世知辛い世の中、教育現場、何を子供たちに伝えていくのか?子供の心は今も昔も同じです。この純粋な子供たちの心を育てていくのは、「好きなこと」からでしょう。本当に「たかが バスケットボール されどバスケットボール」このバスケットボールに出会えた御蔭でこんなにも幸せです。確かに勝負の世界に身をおいている限り、色々なことがあります。正直、何度、やめてやろうと思ったかはわかりません。今回、ここまでくる戦は、苦しかった。つらかった・・・・だからこそ、うれしかった。感動した。”バスケ人生です”
 いよいよ弥富北女子バスケット部夢舞台最終章があと10日で開演されます。陰で支えていただいている方々への感謝の気持ちを胸に最後の最後まで”あきらめずに・全力で。一生懸命に・粘って粘って粘り抜いて・根性据えた笑顔でチームの一番を目指します”
早々
 勝敗の中に隠れているもの 今まで流してきた涙 心の汗
 支えていただいている方々の想い 人として忘れていけないこと・・・・真実はひとつ それらが自然に顔や言葉に表れるチーム・選手・生徒・人であってほしいです。
 そして、人の心があって自分がいる。忘れないでほしい。チームの輪で戦うことを!! ”最強のチームより、最高のチーム”
 1日でも長く”有り難う」という日が長くなりますように!!
 「いちゃりば」 ちょうでい」
 咲かそう 弥富北の華!  大輪!!
弥富北中学校監督
       鷲野 鋭久


(少し前に他の資料などと一緒にいただきました。もうすぐですね。健闘を祈ります)

新 独り言 - 愛知の隠居

2017/08/17 (Thu) 14:13:47

(1047)今日は
花火: 銀行でくじを5本引いた。2つの花火セットとほかの景品3点。娘にメール、明日取りに行くと。昼に入浴、帰って携帯見たら「図書館に来ているから花火もらう」と。保育園が休みで数時間夫婦で孫のお守り中とのこと。しばらくしてやってきた。この間まで固まってしまっていた3歳の女の子、4歳の兄と同じ行動を。まず家内の祭壇にみな参ってくれた。女の子は走り回って私にいたずらを。兄は私の頭に触ってツルツルと言う。妹も真似する。妹は私に体当たり重量感あり、足も速いようでミニバスやったらエースになりそう。もう1個の花火は倅の孫たちにあげよう。
市から郵便
 数え年90歳の長寿祝い記念品について(おしらせ)
 9月1日に市担当職員、老人クラブ連合会役員が訪問すると。
ああ長寿、数え90歳か、早いものだ。バスケのお蔭でここまでこれたのか。家内の献身も大きかった。20日四十九日の法要を営みます。準備大方完了。

温故 - 愛知の隠居

2017/08/15 (Tue) 14:43:44

(30)またきた8月15日 3
 12日のNHKスペシャル「本土空襲・全記録」66都市2000回の空襲・・・
この映像と記録を見て想像以上の被害だった。日本が焦土に化した。かって日本を空爆した老兵士が語っていた。「もう攻撃するところがなかった。爆撃は自由選択になった。動くものはみな機銃掃射した。戦争はむごいものだ」と語っていた。
 昨夜同じ時間に「知られざる地上戦」樺太・5000人の犠牲者?終戦後も戦闘が悲劇の7日間明らかに。8月15日に全軍武装解除したと思っていた。女、子供まで竹やりもって戦ったと。
 今山崎豊子の「作家の使命 私の戦後を」読み始めた。{・・・シベリアの土と朽ち果てた墓標のもとに眠る人々に合掌しつつ、私の胸にこみあげて来たものは、世界のどの国に六十万人の捕虜のうち二十万人もの捕虜が死亡、または行方不明というようなことがあるだろうかという憤りであった。・・・・・シベリア抑留は、ソ連の国家ぐるみの捕虜虐待であり、二十万人に及ぶ死亡、行方不明の事実を考えるとき、広島への原爆投下とともに、私たち日本人は告発者の立場であることを忘れてはならないだろう。}
 弟とともに大屋根に上って東の空が赤く染まっているのを見た、名古屋市炎上。次に北の方が焼かれた、今の一宮市、続けて南の空が、桑名市。間もなくわが町が・・終戦で助かった。空襲警報があったので一斉下校、中学の校門をでたら上空から戦闘機が降下しつつ機銃掃射バリバリと、通学の我々は桃畑に飛び込んだ。

温故 - 愛知の隠居

2017/08/14 (Mon) 18:32:06

(29)またきた8月15日 2
 明日は家内の四七日早朝お坊さんが来る。20日に四十九日の法要をすることに。
終戦8月15日、しばらくたって進駐軍が来た。前日校長先生が「明日から“頭(かしら)中”の号令を止める」と。翌朝校長先生は中折れ帽子をかぶって朝礼台に。進駐軍の指揮者が台に上がって笑顔で挨拶、校長先生が日本語に。
 その笑顔が急変、私たちが埋めた小銃が発見され、関係者数名がCIC(アメリカ陸軍情報部)に尋問された。学校長、担当の教官(曹長)が抑留、一夜にして校長先生の頭髪が白くなった。抗戦の疑いをもたれたのだ。生の英語を聞いたのがこれが最初。「Jail(監獄)にいきたいか?」と2世通訳が意味を伝えた。

温故 - 愛知の隠居

2017/08/13 (Sun) 14:00:02

(1047)またきた8月15日
 あと2日で終戦記念日が、記念日という言葉に違和感を感ずる。ともあれこの日が近づくとあの頃のことが思い出されてくる。それはそうだろう天と地がひっくりかえった感じだった。過去に何回も書いたこともあるがご容赦されたし。
 当時私たちは月に1回程度しか登校しなかった。いろいろな作業をしたが最後は軍需工場で飛行機の胴体を作っていた。私たちは4年生で最上級生だった(4・5年生が3月同時卒業していったから)。このとき成績発表があった。例年のように和紙に印刷された成績の順位表が黒板に貼られた。たしか20番ぐらいだった(200名中)。一度も定期テストなく順位が出て不思議に思った。テストのあったときはかなり前にランクされていたのに。工場での働きが悪かったのか、そんなことはない。
 小学校時代は甲乙丙丁が評価で通知表に記入されていた。私は6年間無遅刻無欠勤、昔は表彰された。6年間乙は1個と記憶さしていたが、先回処分するとき音楽が乙であったのを発見。3年生の時初めてついた乙は操行であった。この文字の意味が不明で上級生に津島神社の堀のところで聞いたら「行儀」と教えてくれた。隠居はわんぱく少年だった

温故 - 愛知の隠居

2017/08/10 (Thu) 17:13:20

(27)回想3 若き女教師    独り言(104)より
  校舎は勿論木造建築、職員室の机腰掛けは勿論木製だった。冬には二人に1個の火鉢が置かれ小使いさんが炭を配っていた。赴任した頃職員は12名ぐらいだった記憶。教務主任、校務主任はなかった。
  ある時隣席の新卒間もない女教師が突然私の方へ倒れてきた。驚いて抱えた。危うく落下するところだった。かなりボリュームのある先生でとても重かった。美人には縁遠い容姿だったが独身の隠居の初体験だった。先輩教師達と宿直室まで運んだ。彼女ダンスを勉強中でかなり疲労が蓄積していたらしい。校医が来て診察単なる貧血だった。部屋を出るときふと振り返ったら、上衣をひらかれむき出しになった見事な双丘が目に焼き付いた。
(今から60数年前、宿直室は別棟、2室で一室はヨボヨボの老婆、ある朝亡くなっていた。宿直の多かった私は運良くそれに遭遇しなかった。電話は無し、風呂は近所の家が担当していた。嗚呼、あのころが懐かしい)

温故 - 愛知の隠居

2017/08/07 (Mon) 14:14:32

(26) こんなバスケットも   12月9日 隠居のつぶやき(83)
  2番目の孫も今春兄の後を追うが如く東京の大学に入学した。名古屋の県立高校でもバスケをしていたが県大会は出場できなかった。180数センチあり大学でも部活をやると張り切って上京した。その私立K大学は一部ではないが高校生で全日本に選ばれた2m有余の双子の一人が入学している。かなり迷ったが理系の学部なので結局サークルの方を選んだ。サークルだけでもいくつもあるようで強い方に入った。週2回の練習。
  先日1年だけが都合で参加した一泊での大会の様子を知らせてきました。
「・・・・・・その日の夜は試合前だというのに酒を飲み麻雀を打ち予想通りの展開になっていった。しかしみんななんだかんだいって理性を保ち限界を超えることはなかった。
  2試合目は早稲田のチーム。格下の相手に思っていたが初め一気に12点差くらいつけられ厳しい展開になったが徐々に追いつきそして追い越し、それからはシーソーゲームとなった。残り1分くらいで自分のカウントワンショットの3点プレーもあった。結局残り10秒のところで1点リード。そこで仲間がフリースロー。2本決めれば3点差だから同点にされることはあっても負けることはない。
  最低1本ほしい所を彼は2本とも外した。もう守るしかないところ。自分のマークマンにボールが渡りブザーのなる寸前にシュートを打たれてしまった・・・がそのボールはリングにきらわれ僕たちの勝利となった。1年生チームとしては初勝利なので歓喜に酔いしれた。考えてみれば僕のバスケ人生においてこんな緊迫したゲームはあっただろうか!?ちなみに自分は40点中14点くらい。その日の夜は勝利の祝杯をあげドンチャン騒ぎになった・・・。
 ・・・・・・ブロック戦で再び早稲田のチーム。当然前のとは違う。試合をやりながら明らかに自分たちのほうが強いと感じつつも全然点差がつかずシーソーゲーム。最後の最後までもつれ何と残り2秒で2点ビハインド。ふつうそれは負けに値する。はっきり言って自分も負けを確信した。そこでタイムアウトをとり最後に任されたのは自分。確実に2点とり延長までいければという考えである。みんなの信頼を授かったからにはやるしかない。ローポに近い側のサイドからプレー再開。直接自分に入らないと時間がない。しかし絶好のパスをくれた。あとは自分のポストプレーのみ。ワンドリブル、ターン、シュート、ブザー鳴る・・・入った!!!!!審判の判定はカウント。やったー。みんなが僕のところに集まってきた。ハイタッチの連発。しかしそこで喜ぶのはまだ早い。延長がある。まずこっちが1点フリースローで1点リード。またこっちが2点とり3点差。最後にあいてがスリーを放ったがそれがネットを揺らすことなく僕たちの勝利となった。またまたみんなで喜び合った。あとで聞いたのだが僕のあの同点シュートを見てマネージャーは感動して泣いてしまったらしい。プレーで泣かす男、とみんなに言われた。そのマネはあとで涙で落ちた化粧の手入れをしていた(笑)」
(バスケを楽しんでいる、私はこれで良かったと思っている、ただし試合前未成年者も多い年代で酒を飲むのはいけないことだ。)
{14年ほど前の孫からのメールです。社会人になり幼児二人の父親になっても、バスケをやっているようだ。4歳の長男がシュートの真似をします。私の息子、娘、孫4人、みんなバスケ部員でした。}

新 独り言 - 愛知の隠居

2017/08/05 (Sat) 10:10:13

(1046)審判
 私は公式試合の審判をしたことはありません。練習試合でもそうでした。佐屋中学に転じたときは40歳でした。前の学校では体操部創部、バレー部、陸上部創設、臨時クラブの相撲、ハンドボール、駅伝の監督をしました。当時体育の先生は居ない状態で、若い者が体育主任をやることになっていました。職員は旧師範学校出や若い学芸大出身者がおもでした。
 全くの素人で女子バスケの監督、年齢もいっていることや、多少クラブ関係で名が売れていたためか、審判はしなくてよかった。そのため詳しいルールは未だに知りません。
「バスケット指導32年」(のち)40年に変えた)この表題も全く遊び心でつけたもの。当時画面に「www・・・」としばしば見るが何だろう?と言う動機から書店を訪れた。
皆目全容も知らず婿さんに助けてもらって開設。現在は婿さんに作ってもらった器具を使っている。時々異常が出るがそのたび修正してもらっている。
 「バスケット指導40年」はいささか恥ずかしい。今は後悔しています。「バスケに関わって40年」が適当ではないか思っている。
 素人監督だったけれど郡市大会、かろうじて優勝、尾西3位で県大会、1回戦大敗。2年目地区、尾西優勝、県大会あれよあれよと優勝戦まで、準優勝で周囲が驚く。勿論子供も私も。3年目が地区で娘のチームと決勝戦で勝ち、尾西優勝、メンバーも良く県優勝をを狙うがセンター陣退場でベスト4。ここから優勝にたどり着くまでが永かった。
 素人であったがバスケだけでなくいろいろな種目で優勝できた。先日家内の祭壇にお参りしてくれたミニの後継者が言いました「先生は言葉のマジックで勝利を得ているのだ」と。そうかもしれない。

新 独り言 - 愛知の隠居

2017/08/03 (Thu) 11:16:05

(1045)
一昨日
女子バレー 
 午後テレビで女子のバレー決勝があると新聞で見た。時間が来たのでテレビをつけた。「あれっ 男子じゃないか,改めて新聞を見直す。よくよくみれば女子だった。ヘアースタイルガ男の子のようだ。接戦だったが途中で観るのを止めた。
昨日
バスケ決勝戦
 決勝戦が報道されると新聞で。午後だと思っていた。がん検診をする日だったのでかなり待たされて帰宅。新聞を見直したら10時からだった。慌ててチャンネルを入れたら男子が練習中で間に合わなかった。どっちが勝ったかな?
曾孫たちと
 男の子は4歳間もなく5歳に、女の子は誕生すんで3歳に。生後数回会っただけ。3月ごろ会ったとき、はにかんで祖父にしがみついていた。七夕の前日自転車で娘の家を訪問。その時は案外平気で相手をしてくれた。そして昨日娘が送迎してくれて2時間ほど遊んだ。会うたびに成長していく。4人の男の孫、曾孫5人中たった一人の女の子。 遊んだのか遊ばれたのか、抱いたらすごく重かった。ともあれエネルギーをもらって帰宅。
中学バスケ
 知人のHPでトーナメント結果を見てびっくり。弥富北1回戦明豊に2点差で辛勝。
改めて先日のメールを読み直したら、苦戦した内容きずかなかった。地区の決勝では90-44、尾西大会では125-21。準決勝までは楽だと信じていた。
 そのうちに準決勝、決勝戦の結果が出た。これも驚き長良81-42弥富北と大差。ちなみに名古屋の決勝戦をみたら長良62-50明豊。名古屋勢強し。東海大会では勝ち抜いてほしい。

鷲野監督からのメール - 愛知の隠居

2017/08/01 (Tue) 07:10:45

“弥富北バスケット部劇場 最終幕”まで25日~勝って兜の緒を締めろ

【海部・西尾張大会】小さいころからの経験・スキル(技)の優れたチ-ムが勝つ
【県大会 東海大会】スピ-ド・パワ-(体)の優れたチ-ム・そしてハートが強いチームが勝つ
【全国大会】修羅場をくぐってきたチーム・チームの和が強いチ-ムが勝つ        

 以上は、私の指導歴33年の経験の中から、確信していることです。
「心が強いとは、苦しい時にがんばることなのです。根性据えた笑顔でがんばることなのです。」
それは、自分が自分の意志で踏み出してはじめて、本物になるのです。                                        

"最後の大会がスタ-トする直前に確認したことをもう一度、原点に戻って以下に記します。そして、この25
日間にすべてを懸けよう。まずは、今日の愛知県1回戦 明豊戦の経験・反省ををどう生かすかがすべてです。接戦を制したことが必ず、財産になる。すべてを乗り越え、チ-ムのベストをいかに県・東海・全国大会の舞台で力を出し切るか?他のどのチ-ムよりもチ-ム全員が日本一になりたいと強く願っているか?すべて勝負魂の問題です。昨日までの勝負魂では、非常に厳しく、絶対無理。弥富北中は、どのチ-ムにも負けない中身のあるバスケットをやってきた。 それが弥富北中のプライド・自信です。  
自分の得意なプレ-こそが、自分の自信です。バスケットの神様は、必ず、見ています。       
最後の最後まで”あきらめずに・ひたむきに・全力で・一生懸命に・笑顔で”チ-ムの自分の一番を目指しましょう。
勝つチームがあり負けるチームもあります。一生懸命に格好良く 勝ったり 負けたりしたいものです。  
特に負けた後の態度が真のスポ-ツマンシップです。 海部地区・西尾張地区・県大会1回戦、どうだったか?自分が一番、わかっているはずです。弥富北中は、やらされるバスケットですか?自分が好きで一歩踏み出してスタ-トしたはずです。苦しいときこそ、辛いときこそ、自分の意志で修正するしかないのです。自分に勝つしかないのです。仲間は、しっかり支えてくれています。自分の目で見て自分が判断して自分が乗り越えるのです。
勝敗のなかに隠れているもの
今まで流してきた涙、心の汗
友達とのコミュニケーション
保護者の方の理解
弥富北中の先生方からのお言葉
人として忘れていけないこと
真実は、ひとつ。
それらが自然に顔や言葉に表れるチーム・選手・生徒・人であってほしいと願います。
その心が必ず、勝利の形で現れてくるでしょう。みんなの「情熱」は、誰かの震える心をきっと温めることができるから。みんなで掴み取ろうとしている沖縄への夢の舞台。この弥富北中学の仲間達とおもっきり、燃えて、感動を周りのぬくもりを感じて欲しいものです。
弥富北中劇場の続き・クライマックスを見て頂こう。日本の中学生で一番最後までコ-トに立とう。
何かが起こりますよ。何か予感がします。                                                                                            
ついてる! ついてる!! のってる! のってる!!
咲かそう 弥富北中の華!!大輪!!
                    


               監督 鷲野鋭久


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.